BGM好きのポケモンブログ

BGM好きのポケモンブログ

ポケモンとゲームBGMの事を書くブログです。ミロカロスとゲームBGMが大好き。記事よりも好きなBGM紹介の方を読んでほしい。あなたのお気に入りのBGMとなりますように…

色々思うこと2017.11.1

Twitterを辞めて自分の考えたことを文字に起こすことをしなくなったため色々頭の中に積もってきた。のでそれをここに書いていこうと思う。ポケモンもBGMもほとんど関係ないです。

今回のテーマは"自分自身について"。

 

これは自分が中学生の頃から感じていたことだが、自分は魅力のない人間だと思う。

ある人にこう言われたことがある。「ここに何人か知り合いがいて、誰かに話しかけようかなと思っても、その中のお前に話しかけようとは思わない。」

随分ひどい言われようだが、実際そうだと思う。自分から話しかけることはあっても相手から話しかけられることはほとんどない。自分から絡みに行くことはあっても、相手から絡まれることはほとんどない。

これは現実だけでなくTwitterとかでも同じことが言えると思う。(リアルの知り合いではないが)FFになって数年経ち、こちらからリプライをしたり放送に行ってコメントをしたりすることはあっても、相手からリプライを送って来ることはほぼないという人がほとんど(というか全員)だと思う。

中高では仲が良いと自分が思っている人(部活など)はそれなりにいても遊びに誘われるということは全くなかった。遊びに行くなら自分から誘うか、計画を立ててる時に自分も一緒に行っていいかお願いするしかない。

もう少し掘り下げて考えると、自分はどんな界隈(仲の良い数人で構成される集団)にも見なされてない気がする。「君は良くあの人達の近くにいるよね」と言われることはあっても「あの人達の近くにいるのは君だよね」とはならない。自分よりももっとその界隈の中心にいる人がたくさんいて、自分はあくまでもその界隈の近くにいる人としか見なされてないと思う。

特定の人と仲良くなるのに自分が出来ることには限りがあって、そこから先は相手次第だ。自分から「話しかけてくれ」「遊びに誘ってくれ」「界隈に入れてくれ」とは出来るわけがない。

実際中高では仲が良いという人は沢山いても、その人から遊びに誘われることはなかったし、TwitterでそこそこリプライやDMを送っている人でも、相手から送ってきたり、ましてや界隈単位でのチャットや通話に誘われることはない。結局相手からは、ただの知り合いやフォロワーとしか思われていない。

6年以上自分なりに考えて、行動をしてもあまり良くなることが無かったわけだからそんなすぐに良くなることではないと思う。ただ着実に良くなってはいるとも思えて、自分からコミュニティを企画してその活動を通じて少しは良くなるかもしれないと願っている。ただ最近はまた半年Twitterを辞める中で自分がまたFFの人から切り離されて行く感じがするのみである。大学に入学したり、Twitterに復帰したりしてから、相手から仲が良いと思ってくれる人が少しでも増えればなあと思っている。