BGM好きのポケモンブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGM好きのポケモンブログ

@メガネと申します。ポケモンの事を書くブログです。BGMとミロカロスが大好き。現在大学受験に向けポケモンサンムーンできない人

ポケモンサン・ムーン 初心者のためのポケモン対戦バイブル【1.基本知識編】

こんにちは。サンムーン発売から早いものでもうすぐ一ヶ月です。師も走るほど忙しいと言われる師走の今日ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

これまで、考察記事を幾つかとBGMの感想の記事を書かせていただきました。読んでいただき、本当に嬉しいです。

今回からは、ポケモン対戦を始めたいけれど情報量が多すぎて何から始めて良いか分からない!という人のために1から知識を会得できる記事を書いていこうと思います。

実際、私も初めはいろんなことが多すぎて苦労したものです。ただ、一度慣れてしまえばその後はかなり楽です。記事を読んでポケモン対戦を始める人が一人でもいれば嬉しいです。また、この記事を周りにいる対戦を始めたいという人に勧めていただけると、ありがたいです。

今回は第一回として、ポケモン対戦の基本知識についての記事です。

 

 

2種類のインターネット対戦

インターネットを介して世界中のプレイヤーとバトルするルールには、フリーバトルとレーティングバトルの2種類があります。

基本ルールはここに書くと長くうっとうしいので、公式のサイトのリンクを貼っておきます。PGL_support » フリーバトル・レーティングバトルの基本的なルール

要約すると、

  • レベル50以上はレベル50に統一されます。
  • 対戦時間は1人あたりの持ち時間10分、対戦に出すポケモンを選ぶ時間は90秒、1ターンあたりの選択時間は60秒です。(画面に表示されるので安心!)
  • 一部のルールではミュウツーやミュウといった伝説、幻のポケモンや諸々が参加できません。
  • 同じポケモンや同じ持ち物はパーティに入れられません。

 

フリーバトルとは?

フリーバトルでは気軽にポケモンバトルを楽しむことができます。ただポケモン対戦をしたいというライトなトレーナーにオススメです。よく「フリー」とも略されます。

良いところ

悪いところ

  • 相手が物足りない可能性がある(たとえば、ストーリー中のレベルの低いパーティなど)

 

レーティングバトルとは?

簡単に説明すると、ポイント制で、対戦に勝つとレーティングというポイントが増え、負けると減る。レーティングが一番高い人が一番強い。というルールです。レーティングを争うので、競争心から最も盛り上がるポケモン対戦だと言えるでしょう。よく「レート」とも略されます。

良いところ

  • 本気のバトルを楽しむことができる
  • レーティングの近い相手とマッチングするので、実力の近い相手とバトルできる

悪いところ

  • 勝つためにはしっかりと考えてパーティを組む必要があり、また、いわゆる理想個体(次の記事参照)という対戦用のポケモンを使用するのが基本となるので、準備が少し大変である
  • みんな強いポケモンを使うので、似たり寄ったりな相手になりがち(それでも多様ではある)

参加方法

レーティングバトルに参加するには、ポケモングローバルリンク(PGL)Pokémon Global Linkにゲームソフトを登録する必要があります。その後、ゲーム内フェスサークルから対戦→バトルスポットに行く→レーティングバトル で対戦をすることができます。

シーズン制

レーティングバトルは約2~3カ月ごとにシーズンを区切り、ランキングを仕切り直します。シーズン終了後にそのシーズンに参加したトレーナーの最終の対戦結果を、シーズン最終結果として集計します。(シーズン中もPGLサイトからランキングを確認可能)
新しいシーズンになると、それまでのレーティングや勝敗数などはリセットされた新しい状態になります。
また、「スペシャル」はシーズンごとにそれぞれ違うルールが適用されます。

シーズン終了時のレートは「最終レート」とも言われ、トレーナーの強さを示す一つの指標とも言えるでしょう。

また、シーズン終了時に上位だと、少し有名になるかも…?

レーティングの初期値は1500で、上位にもなると2000以上にもなります。また、逆にどれだけ低くできるかを競っているユニークな人たちもいます。

ルール

バトル形式として「シングル」「ダブル」「スペシャル」「WCS」があります。

「シングル」はストーリーでの基本的な対戦となるあの形式です。6体のパーティから相手のパーティを見て3体選び、バトルします。最も人口が多く、ストーリーから自然に入りやすいルールと言えるでしょう。

「ダブル」はポケモンを2体ずつ場に出して戦うルールです。6体のパーティから相手のパーティを見て4体選び、バトルします。同時に2体操作できるので戦術が広いと言えるでしょう。

スペシャル」はシーズン毎にルールが変わります。それ故、人口はあまり多いとは言えませんが、その時しかプレイできないルールで楽しむことができます。特に、普段あまり強くないとされる意外なポケモンが活躍することもあり、面白いです。

「WCS」は夏に開かれるポケモンの世界大会であるワールドチャンピオンズシップのルールでバトルが出来ます。世界一を目指すプレイヤーも調整で参加する(と思う)のでもしかしたら対戦できるかも…?

2017年大会は、アローラ地方に生息するポケモン限定のダブルバトルで、メガシンカは使用できない。また、サンムーンで入手したポケモン限定、というルールです。

レート上下の詳しい仕組み

覚えなくてもいいです。

勝利時に加算される値=16+(相手のレート-自分のレート)× 0.04
敗北時に減算される値=16+(自分のレート-相手のレート)× 0.04

ただし、小数点以下は切り捨て。また、レート400以上下の相手に勝ったとき、レートは増えない。

つまり、自分より強い人に勝てばレートは上がりやすく、自分より弱い人に負けるとレートは下がりやすいということです。

 

お願い

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。ここで、私からちょっとしたお願いがあります。

フリーやレートは、機械との対戦ではなく、実際にいる誰かとの対戦です。なので、対戦マナーを必ず守るようにしてください。

対戦マナーの一つとして、「切断をしない」ことが挙げられます。

切断というのは、通信を切断することによって対戦を強制終了させることです。切断をした人は負け判定、された人は勝ち判定になりますが、絶対に意図的にはしないでください。

ポケモンはゲームですから必ず運要素があります。相手の攻撃が当たって自分の攻撃が外れるのは良くあることです。また、相手の戦法が卑怯なものだったりすることもあるでしょう。 だからと言って、イライラして切断するのはやめましょう。あなたも運が良かったり、相手をイラつかせたりしているかもしれないのでお互い様です。

また、相手が切断してきたからといって相手のトレーナーネーム(TN)を掲示板やTwitterなどに晒すこともやめましょう。もしかしたら、回線が弱かったり、停電したのかもしれません。もちろん、回線ができるだけ良い場所でやるのもマナーですが。

また、もう一つ、ポケモンを「改造」してバトルするのも絶対にしないでください。

ポケモンの育成は面倒な部分があるので、時間短縮に改造する人もいます。ですが、改造によってエラーが発生し、相手に迷惑がかかることもないとは言えません。見た目は正規でも、内部データは正規ではなく、ありえない値になることがあるからです。

個人で楽しむのに改造するのはその人の勝手ですが、オンラインで使用するのは話が違います。実際、改造していたことがバレて大変なことになった人がちょくちょく話題になります。過剰な叩きも良いとは言えませんが、まずは改造に手を出さないことが重要です。

私からのお願いはここまでです。「切断」と「改造」は絶対にしないでください。対戦が始まる時には「対戦よろしくお願いします」、対戦が終わる時には「対戦ありがとうございました」の精神が大切だと思います。長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

 

最後に

第一回、ポケモン対戦の基本知識について、いかがだったでしょうか。

少しでも新しくポケモン対戦を始める人の助けになればな、と思います。

対戦ルールは多いですが、是非一度試してみると良いでしょう。

質問やここ違うんじゃないの?などあればコメントしてください。できるだけ早く対応させていただきます。

さて、次回、第二回はポケモンのステータスなどについてを予定しています。

対戦に勝つにはほぼ必須の知識となっているので、是非次回も読んでいただけるとありがたいです。

それでは今回はここまで。ありがとうございました。

 

次回→【2.ステータス編】

シリーズリスト→ポケモン対戦バイブル